《住まいの支援》

住宅リフォーム助成制度

町内で生産、製材された木材を使って住宅をリフォームすると最大20万円の助成金

定住促進住宅新築助成制度

50歳未満で18歳以下のお子さんがいる世帯に、新築住宅の要件を満たす事業に最大200万円の助成

吉野町空き家バンク制度

NPO法人と連携し、町内の空き家に関する利活用促進と、移住希望者への情報提供

その他の情報

→吉野町ホームページ 住宅・住まい

《公共共通》

町内には近畿日本鉄道の3つの駅があります。

また、町民の方向けにスマイルバス(コミュニティバス)を運行しています。

スマイルバス


《健康長寿の支援》

人間ドック費用助成事業

30歳~74歳の国民健康保険被保険者に対し、人間ドックの費用助成
(南奈良総合医療センターに限る)※定員には限りがあります。

若年者健診事業

30歳~39歳の国民健康保険被保険者の生活習慣病の集団健康診査が無料

がん検診費用助成事業

30歳~74歳の国民健康保険被保険者の集団健診時における胃・肺・大腸のがん検診が無料

健診情報提供事業

40歳~74歳の国民健康保険被保険者で、健診の情報を提供いただくと、特典あり

→吉野町ホームぺージ 健康・医療
→吉野町ホームぺージ 成人保健事業


《よくあるご質問》

Q1 吉野町で農業をしたいのですが、借りれる土地はありますか?

吉野町は80%近くが山林です。農地は限られた面積ですが、借りることは不可能ではありません。
ただ、大規模な農業をお考えの方は、農地の確保が困難と考えます。
(相談窓口は役場の産業観光振興課です)

Q2 自然公園区域や都市計画区域があると聞いたのですが、不便な点はありますか。

吉野山地区の一部は“吉野熊野国立公園”に、吉野川と津風呂湖周辺は“県立吉野川津風呂自然公園”に指定されており、景観に影響を与える工作物(建物含む)などは規制されます。
吉野町の一部は“都市計画区域”に指定されており、市街化区域の一部では、公共下水道が供用されています。
調整区域においては、建築等の開発行為が規制されます。
(相談窓口は役場の産業観光振興課です)

Q3 インターネットや携帯電話は使えますか?

山間部なので電波がつながりにくくなる地区もありますが、生活する上で支障はありません。
町内ケーブルテレビに加入していただくと、音声告知放送・テレビ・IP電話・インターネットなどのサービスを受けることができます。もちろん電話回線はNTTへ加入することもできます。
(相談窓口は役場の協働推進課です)

Q4 近々引っ越ししたいのですが、すぐに住める物件はありますか?

町営住宅は空き部屋の状況にもよりますが、期間を定めて入居者募集を行いますので、詳しくはお問い合わせください。
また、空き家バンク制度などで賃貸物件を借りる場合も、手続きや契約等にある程度の期間がかかります。
じっくり検討する期間をとっていただくことをおすすめします。